teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 9月30日(土)05時59分25秒
  東京なんか来るんじゃなかった。
もっと言えば今の会社になんか入るんじゃなかった。
精神も肉体も自分がどんどん壊れていってるのが目に見えて分かる。

安らぎの無い環境で救いの無い日常がこれからもずっと続くんだろうか。
喜びも楽しみも無い今の、これからの人生に絶望しか感じないや。
 
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 9月17日(日)16時52分39秒
  上手いとか下手とかという次元の問題ではなく、

字が汚い人は学とは別に根本的に頭が悪い。
「〇を△にしたら□がどうなるか」の理解が出来ない。
ついでに指示の抜け漏れもひどい。全体を通して見る事ってしないのか?

そして自分勝手。
他人が読めない字を書いてる時点でお察し。
指摘や質問で簡単に怒り出すし。さぞかしあなたは偉いんでしょう。

それが百人単位で校正を見てきた自分の経験則からの結論。
チラ裏の落書きメモ書きじゃないんだから、
もう少し「他人が見る」ことを意識した文字を書こうよ。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 7月20日(木)00時27分21秒
  世間一般が求めてる、描きたいと思われてる絵ってのは自分はまるで興味がない。描く気もない。
反対に自分が求めてる絵のモチーフとか表現方法とかは世間はまるで興味がない。描かれてない。

自分の絵に対して興味・反応を示してくれても、ありがたく思うのは間違いないけど
真に自分が力を入れたとかここを見てほしいっていう根幹部分には目もくれず
表層の自分にとってはどうでもよかった部分だけにばかり反応されると
凄くモヤモヤとした気分になってしまうのです。
漠然と違和感は感じていたけど、ブタヒーローの時に気が付いて
今回ではっきりと分かった。今まで自分はなんて盲目だったんだろう。

何か、もういいや。
もう自分の嗜好絵はこの先公表する意味はないな、と。
だって見てもらいたい根幹部分こそ誰からも見られないし求められてないんだから。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 6月30日(金)00時05分51秒
  ピクシブを見てると
「あー、移民による乗っ取りってこういう感じなんだなー」
と思うのです。
油は水に決して混ざらず、表層に溜まり濁らせていく。
そして大量になった油は熱せられ、水を弾き飛ばす。
最後に残るのは大量の澱んだ油と汚れた器。
終末期が近そうだぬー。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 4月 7日(金)02時46分38秒
  ・・・と、派遣出向者の誰も聞く耳持たない宙に浮いた言葉。  

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 4月 7日(金)01時49分54秒
  「毎日が楽しいー。」
などとへらへら笑ってる連中の認知すらしてない尻ぬぐいをしながら
毎日嫌な思いしかしない人生に何の意味があるってーんだ。
感謝だの労いだの報酬だのされるのは中層部までで
実際に作業してる末端の最下層には何もないどころか無視して挙句に蔑むという。
馬鹿馬鹿しい事この上ないわ。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 3月19日(日)05時38分31秒
  デジタル絵で上手い人の絵を見て「上手いなー」と思うだけでそれ以上の感想がわかないのは
絵というよりもツールの使い方が「上手いなー」という感想なんだなと思った。
特殊効果を使いまくってたらぱっと見よく見えるよなと。
オーバーレイとか焼き込みとか、アナログでは相当緻密な計算しなきゃいかんし、
そもデジタル絵ってそういうもんだからそれが別に悪いとは思わんけど。

アナログ絵だと画材や筆の選択、筆運びなどのHow toに相当興味をひかれるのだが。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 3月18日(土)01時24分6秒
  今時の絵を描いてる人ってアナログでの楽しさを知っているのだろうか。

色鉛筆を根限り塗りたくった上にマーカーで塗るとテカテカしてすげーとか、
ポスターカラー(瓶)にパレットナイフ突っ込んでかき混ぜてる時の恍惚感とか、
ポスターカラーにアクリル絵の具を混ぜ込むと色の伸びがよくなってすげーとか、
水彩色鉛筆の芯を細かく削って水に溶かして淡く塗り込んだりとか、
カッティングシートを如何に気泡を出さずに貼り付けるかに情熱を燃やしたりとか、
エアブラシのトリガー調節を失敗して一吹き目で大惨事になりやる気をなくすとか、
烏口のねじ調節に失敗してインクをだーっとこぼして大惨事以下略、
どんなにフキサチーフをかけてもパステルの粉が落ちると怒りに暴れたりとか、
パネルに水張りで紙を張り付けるときの緊張感(特に角四隅)とか、
溝引きのガラス棒を指揮棒よろしく振り回してあっけなく壊したりとか、

楽しかったです。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 3月14日(火)00時07分32秒
  歩きスマホしてる人って
ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリ
みたいだなーと思うの。
単なる端末に四六時中依存して無意識に支配されてる人生の何が楽しいのだろう。
自我が排除されてる薄っぺらな意識共有は楽ちんで心地よいだろうけど
実際のところそんなもんに価値なんか無いっすよ。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 3月 7日(火)01時19分59秒
  自分が求めてる絵や物語はこの世界には無い。
この先も出現することは無い。
いい加減諦めようよ。な?
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 3月 1日(水)02時53分25秒
  巷で人気の某アプリゲーム、
キャラクターのあざとさだけだよなぁ。
「ほら、このキャラクターかわいいだろ? かっこいいだろ?」っていう
前面に押し出してるあざとさが突出しすぎてて嫌悪レベルで気持ち悪い。
あざとい割には(あくまで自分の目線では)キャラに魅力が無いし。
あと、そこはかとなく漂う内輪受け臭も気持ち悪い。
一体となってハマる人には楽しいのだろう。それは分かる。
でも自分は無理。
 

アドレスは伊達じゃない

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 2月25日(土)02時28分3秒
  誰に向けて語るでもないだらだらとした文章を書くのが好き。
でもメールは嫌い。ラインも嫌い。チャットも嫌い。
つまり文章で会話をするのが嫌いです。
だったら電話でいいじゃん。としか思わない。
よく「電話は拘束になる」という人がいるがラインとかの方がよっぽど拘束だわ。
相手の返信をずーっと待機してしまうから何も手に付けれないよ。
それでいて相手はご飯食べてたとか風呂入ってたとか書いてくるし。なんやそれ。
何十分も時間を費やして文章のキャッチボールが数往復とか馬鹿らしい事この上ないわ。
電話だったらその何倍も言葉のキャッチボールできるやんけ。
あと絵文字多用の感情表現も気持ち悪いし。スタンプもこっちの文章を軽く流された感じで嫌い。
そんなもんより実際の声で会話のほうがよっぽど伝わっていいのだけどなぁ。
どうも手軽な分、相手への配慮がおざなりになってると思うんだが、そんなもんなのかね。
電話募集中です。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 2月23日(木)02時53分7秒
  小説とかで顕著だけど
台詞の語尾が「-。」ではなく「~。」を多用してるのって
作者の「ほら、このキャラはのほほんとしてるでしょ? かわいいでしょ?」という
人工甘味料みたいな「作られた甘ったるさ」が前面に出てて気持ち悪い。
そうする事で作者的にはキャラに個性を持たせて立たせてるつもりだろうが、
実際にはより棒読みレベル以下の「演技」状態になってるのが見ていて読んでいて痛々しい。
もう少し自然な台詞回しってのに意識を持たせようよ。

まぁ、自分もダンクの一人称が「おら」だったのは不自然で失敗だったと当時から思ってた。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 2月17日(金)01時49分41秒
  オリジナルのキャラクターを作る場合にはある程度は設定が必要であるのです。
でもそれはほんとに「ある程度」でいい。
実際にそのキャラクターを動かしていけば自然に独り立ちして
個性を持って歩いて行ってくれる。故に愛着がわく。
過剰な設定は単なる作者の自己満足によるだけの無駄なものでしかないのです。

代表的なのは好きな食べ物と誕生日。
好きな食べ物は「ドラえもんにどら焼き」とか「キレンジャーにカレー」みたく
アイデンティティに直結させてるんならそれもいいと思う。
だけどキャラを作ってる大抵の人はそんな事してないよね。
好きな食べ物と言ってる割にその食べ物を食べてる描写すらしないのだっているし。
簡単に言えば自分(の好きな食べ物)をそのキャラに投影してるだけ。
ゆがんだナルシズムが透けて見えて気持ち悪い。

誕生日は単なるその瞬間での作者の思い付きが大半だったりする。
深い意味なんて一切ない。
実際誕生日を設定したキャラを作った人にしばらくして「このキャラの誕生日は?」と聞いたら
まず間違いなく「忘れた」って答えるだろう。設定した時点で意識が完結してるから。

無駄な設定の羅列で埋もれているキャラクターを見るにつけ、
キャラ設定作業をしてる自分が可愛いのであって、
作者にとってそのキャラが可愛いってわけではないのだな。
というのが見えてしまうのです。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 2月13日(月)00時24分45秒
  獣人の小説だともっと顕著で
冒頭に「○○の獣人」と表記があるだけでそれ以降の獣人(動物)的表現が無かったり。
あってもせいぜい「しっぽが~」って文章ぐらい。
そういう小説に限って舞台は単なる人間社会的日常。
例えばスマホとか出てきても動物の手(5本指だったとしても爪があったり指先まで毛が生えてるでしょうに)
だったらまともに操作できねぇだろ!
そこから軽いギミック説明をつけ足せばさりげなくキャラが獣人だって説得力が増すだろうに
そういうのも全然無し。
登場キャラが獣人である必要性も必然性も一切無いじゃん。
何がいいのか自分にはわからないです。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 2月12日(日)17時51分13秒
  獣人描くほとんどの人って頭や顔は毛並み感を出すのに
体については模様は描くが毛並み感ゼロで人間の体みたくのっぺりと描くよね。
腹筋の隆起とか毛皮で消えると思うんだが。
もっと言えば乳首はともかく乳輪も当たり前のように体に描いてるよね。
普通は毛並みの中に埋もれるんじゃないかしら。
あと、普通に布の服を着せてるけどどうなんだろう。
毛のはみ出しとか毛並みの膨らみを抑え込んだりって表現も大概は無いし。
「モフモフがー」とか言ってるのにひどい矛盾。
獣人限定で言ったら「お互いの体をブラッシングする」とか「全身シャンプー」とか
いくらでも独自シチュエーション作れるだろうに、そんなの自分は見たことないや。
単なる人間の代替なんだね。
まぁ、いいけど。
 

(無題)

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 2月11日(土)21時16分18秒
  既成のキャラを自分の都合のいいように美化なり擬人化なりさせるってのは
見方を変えたら
「このキャラクターの見た目は嫌だ」
って言ってるようなものだよね。
さらに作品内から全然かけ離れたシチュエーションを描いたり。
そこには作品やキャラに対しての純粋な愛も敬意も存在しない。
それでいて「このキャラ(作品)大好き!」とか言ってるのを見ると
すごく冷めた目でその人を見てしまうのです。
 

慰めの対価

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 1月25日(水)02時21分10秒
  嫌な思いをすると自分を慰めるために好きな食べ物を食べる。
これを繰り返していくとその食べ物に飽きる前に

好きな食べ物=嫌な思い出のフラッシュバック

となってもう食べれなくなってしまうのである。
食でも楽しみがなくなってもうどうすればいいのだろうか。
 

あけまして

 投稿者:へろ仮  投稿日:2017年 1月 3日(火)23時26分49秒
  別にめでたいとは思わない。
勝手にやっててほしいのだが、
なぜ他人を避けて静かにしてる人達の近くにわざわざやって来て騒ぐんだろう?
鬱陶しい。
 

むだい

 投稿者:へろ仮  投稿日:2016年12月28日(水)02時08分13秒
  排他主義なコミュニティほどその存在を周りにアピールするのは
単純に自己選民思想なんだろう。
そりゃ気に入らんものを排除していけば最終的に己が一番になりますわな。
そして自分たちが中心だと思いますわな。実際そこには自分たちだけしかいねぇんだから。
そうして生まれた尊大思考からの陶酔をより深く長く味わいたいがために
あらゆる機会、場所でアピールを繰り返すと。
賞賛ではなく羨望の声を求めて。
迷惑な話だ。
 

レンタル掲示板
/8